失敗しない!遺品整理業者選び

遺品整理にはトラブルが多いです。遺品整理業者を選ぶ際に、気を付けたい悪徳業者のチェックポイントやサービス内容、依頼時の見積もりを比較する方法などをご紹介していきます。

遺品整理で出た、ゴミは捨てないでリサイクルに!

      2016/01/21

遺品整理で出た不用品をリサイクルしよう

遺品整理業者を選ぶ前に

遺品整理というと、形見分けなど故人の想い入れの深い物を、整理するという様なイメージがありますが、不用になった物を処分しなければいけません。

明らかにゴミと判断できるものはきちんと処分し、まだ新しい衣類であったり、未開封の布製品、家具、家財、その他雑貨などについては、リサイクルショップに買い取りをしてもららうか、老人ホームや介護施設に提供できるものは寄付するなどするといいだろう。

また、仏壇などの供養が必要なものは、寺院などでお願いすることができます。

遺品だとしても未開封であったり、十分に利用できる物をゴミとしてしまうのはやはり勿体ない事だと思います。まだまだ使えるものを遺品だからとゴミにしてしまうのではなく、リサイクルした方が地球にも優しいですからね。

遺族としても、まだ新しいものだったり、価値のあるものを、遺品だからと捨ててしまうのは抵抗があるでしょう。また、遺品でも良いとして使い続けてくれる人がいるのであれば、捨てるという行為をしなくてよく、何となくホッとする様な気がしますよね。

資源ゴミとなる物も、リサイクルされますので無駄にゴミにせず、きちんと仕分けして処分する様にしましょう。遺品整理をする際は、ゴミの処理は的確に行っていかなくてはなりません。

ゴミの仕分けや処分の仕方というのは地域によって異なるので、指定された曜日に処分するなどを守る様にしましょう。

遺品整理業者はリサイクルも代行します

遺品整理をお願いしているけど、不用品のリサイクルを自分では探せないという場合は、
遺品整理業者で代行しているところがある。

自社サービスでリサイクルしているという事もあり、現地まで訪問引取もしてくれるので依頼してみるといいだろう。

また、遺品整理を依頼する前に、遺品でもリサイクルしてくれる広告を出しているところを利用するのもおススメだ。遺品整理業者にリサイクルをお願いする場合は、買取価格を騙したりする悪徳業者がいるというトラブルもあるので、買取に関しても信頼できる業者を探して欲しい。

ゴミの処分などについても、産業廃棄物収集運搬許可や一般廃棄物収集運搬許可を持っているかどうかの確認が必要です。

 - 遺品整理業者の選び方