失敗しない!遺品整理業者選び

遺品整理にはトラブルが多いです。遺品整理業者を選ぶ際に、気を付けたい悪徳業者のチェックポイントやサービス内容、依頼時の見積もりを比較する方法などをご紹介していきます。

*

遺品整理を行う時期

遺品整理を行う時期はいつ?

遺品整理の時期

そもそも遺品整理とは、亡くなられた方の所有物を整理することである。
一般的には亡くなられた後に遺族で行う、もしくは遺品整理業者に依頼するという様な形で執り行われるのが一般的です。

特に定められた時期というのはないが、遺品整理をするのは四十九日が過ぎればいつでも良いだろう。また生きている内に、自分で遺品整理を行う生前整理というのがある。

  • 亡くなられた後に遺品整理をする場合
  • 四十九日が過ぎて気持ちが落ち着いてから行うという方が多い。

    それは葬儀が済んでも四十九日の法要が過ぎるまでは、亡くなられた方の魂が現世にいると考えられているので、それまでは処分をしないという考えがあるためです。

  • 生前整理の場合
  • エンディングノートという、死に備えて自分の希望を書き留めておくノートを作り、自分の所有物についての処分をどのようにするかということを書き込んでおく事も可能である。

    また、生前から不要なものを少しずつ整理して、残される家族に迷惑にならない様にと考える人も増えている。

最近では亡くなった後のことを生前に考えるという意識が高まっています。

生前葬などは時々耳にする様な事もあったかと思いますが、執り行うとすればそれなりに費用もかかるし、一般的な催事ではなかったです。

しかし、孤独死などが社会問題になっている今は、自分が死んだ後にどうするか?どうなるか?ということを考える機会が増えたのが原因でしょう。

四十九日後の遺品整理の注意点

遺品整理というのは、じっくり時間をかけてできる場合と、様々な手続きに追われ遺品整理に時間を取れない人もいる。

  • 故人の住まいが賃貸物件であった場合
  • 荷物を整理する期日が限られていることもあり、取り急ぎであっても片付けをしなくてはなりません。借りている間に遺品整理が完了できればいいのですが、そうでない場合は、さらに家賃を払わなくてはならないということにもなりますので注意しましょう。

    また、遠く離れている場所に住んでいるとか、仕事が忙しくて、すぐに遺品整理することができないという様な場合は、清掃なども含めて遺品整理業者などに作業を依頼するといいでしょう。

  • 形見分けをする場合
  • 形見分けとは、故人の遺品を親族などに分けることである。

    基本的には、四十九日が過ぎてからの方が親族の方達も心良く受け取って頂けるが、あまりに遅くなってしまうとトラブルの元になりますので、目安として四十九日と覚えておこう。

遺品を処分する場合は、地域のゴミの出し方なども関係してくるので、早めにと思っても時間がかかってしまうこともあるでしょう。処分するかどうかをなかなか決められなかったり、忙しくて時間が取れないという様な場合は遺品整理業者に依頼するのをおススメします。

公開日:
最終更新日:2016/01/27