東京で不動産担保ローンを申し込む際、のりかえやおまとめを活用できます。利点を比較し、担当者と相談しましょう。
Show MenuHide Menu

東京で不動産担保ローンを申し込み、のりかえやおまとめをすべき?

東京の担保物件で不動産担保ローンを申し込むなら、「のりかえ・おまとめ」を活用する良い機会です。

アドバイスを含めお話ししましょう。

■それぞれのメリットを洗い出して検討。

「のりかえ、おまとめ」というのは、これまで融資してもらっていたところから、異なる金融機関やノンバンクなどに乗り換えること。

おまとめは、借金を統合して1本化し、1つの金融機関に統合することです。

のりかえもおまとめも、そうしたほうがメリットが大きいと判断したときに利用します。

不動産担保ローンはABCサニーのようなノンバンクの専門業者、もしくは銀行で申し込むことが出来るのですが、東京の担保物件なら土地や家屋の査定額が数千万円と大きな金額となる可能性が高いです。

複数の借金があるというのは返済具合がわかりづらくなりがちですし、複数でなくとも返済そのものには金利が大きく影響しますので、一度不動産担保ローンの融資額や貸出金利を確認し、どうするか検討すると良いでしょう。

■解約金や手数料の発生を見込んでおく。

のりかえやおまとめは、不動産担保ローンを申し込む際に事前に申し出ておきましょう。

担保の抹消手続き、登録手続きが必要になります。

また中途で解約することになるので、規約にそった解約金や手数料が発生します。

もともと融資を受けていた金融機関の契約書・特記事項などを読み返し、確認しておくことが重要です。

■おまとめやのりかえで、かなりの解約金や手数料が生じる場合、解約せずに繰上返済をして借金ゼロにする手もあります。

繰上返済にも手数料がかかりますが、解約するよりは低い場合もあります。

不動産担保ローンの担当者と相談し、どのような方法が良いかを探ってください。

東京の担保物件は査定額が高いので、方法・選択肢はいくつもあります。